スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証拠隠滅図る?本格調査直前に通帳裁断 阪大院研究室の不正経理疑惑(産経新聞)

2010.06.18.13:48

 研究員給与のキックバックやカラ出張の疑惑が浮上している大阪大学大学院医学系研究科・医学部の元教授(64)の研究室で、この疑惑について大学が調査委員会を立ち上げる直前に、通帳2通がシュレッダーで裁断されていたことが17日、産経新聞の取材で分かった。研究室で管理されていた通帳とみられ、一連の疑惑にかかわるプール金の口座通帳だった可能性もある。調査委員会も把握しており、証拠隠滅などの疑いもあるとみて関係者から事情を聴くとみられる。

 関係者によると、通帳がシュレッダーで裁断されたのは5月27日昼ごろ。元教授の研究室内で行われたという。このころ阪大では、一連の疑惑について医学系研究科による事前調査がほぼ終了し、調査委員会による本格調査の準備が進められていた。

 裁断された通帳は、表紙が緑とえんじ色の計2通。片仮名で元教授の氏名が記載された紙片も確認された。

 阪大によると、調査委員会は研究室に関連する口座の存在を把握しており、その通帳の記録について調査も進めている。裁断された通帳の口座が、調査委員会が確認している口座と同じかどうかは不明。ただ、給与のキックバックやカラ出張の返金をプールしていた口座だった可能性もあり、調査委員会が関連などについて調べている。

 元教授は産経新聞の取材に対し、通帳の裁断について「私がなぜそのようなこと(重要書類の廃棄)を指示する必要があるのか。本当によく分からない。誰にも何も言っていない」と関与を否定している。

【関連記事】
消耗品偽りPC5台購入 研究室、書類偽造依頼か 阪大院不正経理疑惑
講師にカラ出張要求 研究室ぐるみ強まる 阪大院不正経理疑惑
阪大院不正経理、大学側の出張費管理にも問題 「新たな仕組み必要」
阪大院不正経理疑惑 「カラ出張費」も還流か 昨年末から計30万円
4000万円詐欺容疑で元職員を書類送検 神奈川県不正経理
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

砂像で南アW杯を応援 鳥取・砂の美術館(産経新聞)
おっと勇み足…市広報紙で「7月11日投票」(読売新聞)
誰だ!児童栽培のプチトマト30鉢、ため池に(読売新聞)
木村前会長を任意聴取=役員ら数人からも―振興銀の銀行法違反事件・警視庁(時事通信)
大阪-東京個室の旅~寝台特急「サンライズ」の実力(産経新聞)
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

2012.11.20.01:20

管理人の承認後に表示されます

comment

Secret

承認待ちコメント

2012.11.09.23:27

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

くにいやすひろ

Author:くにいやすひろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。